胃カメラサイトの比較をすることは有益

私は胃カメラがとても苦手です。どこかに楽にやってもらえる胃カメラサイトの比較ができればありがたいと思っています。私は歯を磨いている時でも、舌の奥に歯ブラシが当たるだけでゲーッとなったりします。そのたびに血圧が上がる思いをするので困っているのです。これが胃の内視鏡検査でカメラが舌の奥に触れたり違和感を感じただけで吐き気がしてゲーッと苦しい思いをするのです。舌の奥を麻酔するゼリー状の物を含むのですが、私にはそれすら違和感だらけで気持ち悪いのです。その時点でもう吐き気が強くなり、順番待ちをしているだけでダウン寸前になるのです。その状態で名前を呼ばれてベッドに横たわるので、カメラを挿入するしぐさだけで、具合が悪くなるのです。聞くところによると、全く違和感なく内視鏡検査ができる病院や医院があるらしいです。私の地元でもそういう噂を聞いたりします。でも、苦しいか楽かの感覚は個人差があるので全面的に信用するわけにもいきません。胃の内視鏡検査についてのサイトがあって胃カメラについての口コミがあれば多少は安心して検査を受けることができるかもしれません。しかし、私の地元のような狭い範囲で、多くの情報が得られるとは思えないのです。やはり、我慢して内視鏡検査を受けるしか方法はないのかもしれませんね。

胃カメラの最新医療状況について

会社や個人などでも最近は医療機関で簡単に健診を受けられます。特に胃カメラなどで精密な検査を受けられます。胃カメラで胃がんや、潰瘍など様々な体の異常を見つけることができるようになっています。胃カメラは今までは口からカメラを入れるという経口カメラによる診療が中心でしたが、最近の医療技術の発展により口からではなく、鼻から入れるカメラを導入しているところが多くなってきています。口から入れる経口カメラでは口蓋に当たってしまうことで嗚咽感があり、影響を多く受けるひどい人になるとその場で嘔吐してしまうなど、デメリットが大きいものでした。しかし、鼻からの経鼻カメラであれば口蓋に当たることがなくなるので嗚咽感は全く無く、楽に胃カメラを入れることができます。痛みもほとんどなく、直径が数ミリというレベルですのでケガや痛みはないです。また、胃カメラによっては先端にはさみがついており、胃潰瘍や胃のポリープなどがあればそのままはさみで切り取り、病理検査や治療もできます。病理検査とは腫瘍などが見つかった場合にその腫瘍を採取してそれが悪性かなどを調べる検査です。こうして胃カメラ一つでも検査や腫瘍などの発見、治療など色々できるのでぜひ受けたい健診のひとつです。