胃カメラというと、検査の前日は食事時間の決まりがあったり、たばこやお酒なども控えなくてはなりません。また翌日は検査が終わるまで食事はできませんし、大がかりな検査のように感じます。また、口からカメラを入れるということで吐き気などの不快感も多く現実的には検査を受けるというひとも少ないのが事実です。しかし、最新の胃カメラは違います。従来のように口からカメラを入れるのではなく、鼻から入れるものがでてきました。そのため、胃カメラには付き物であった吐き気などの不快感はなくなり、検査の間も医師と患者さんで会話ができるというような状況が生まれました。それにより医師も患者さんの体調などを再確認できますし、患者さんとしても何かあったときはすぐに医師に伝えることができると言う安心感は大きいように思います。また、胃カメラの際に使用する麻酔も眠くならない麻酔を使うことが義務づけられていて、検査が終了するとすぐに車を運転することも可能なので良いと思います。このように現在の最新の胃カメラというものは、より患者さんの負担やリスクを軽減することを重要視していて少しでも体調などに不安を感じたときに、気軽に胃カメラの検査を行うことができるようになったと思います。

実はもうあまり怖くない胃カメラ

胃カメラっていうと口から管を通してゲーゲーやりながら、苦しい思いをして飲むもののイメージないですか。十年ぐらい前までの胃カメラは、そうだったみたいです。かなり前に胃カメラを経験した方は、苦い思い出なのではないでしょうか。そんな胃カメラなんですが、最近のものはあまり苦しくないそうです。くちから管をいれるのではなく鼻からいれるもので太さも昔と比べると3分の1ぐらいになったそうです。希望すれば麻酔もしてくれる病院もあるようなので、昔よりも苦しくはないみたいです。胃カメラをするときは声とかよだれが出てしまいますが、それは誰でも出てしまうものなので出してしまいましょう。我慢すると苦しくなってしまいます。鼻から入れるときは少し痛いようですが、チクリとした鼻に水が入るような痛みだそうなので、昔ほど苦しい思いはしなくても大丈夫です。病院によってはまだ古いところもあるかもしれないので、胃カメラを飲む病院が新しいものを採用しているか確認してみましょう。健康診断でやる胃カメラはとても大切です。ガンを見つけることだってあるのです。早期治療は早期回復に繋がります。怖がらずに胃カメラを飲んでみるのはいかがでしょうか。