医学の進歩にびっくり仰天、最新式胃カメラ!

胃の検査をすることになりました。昔、胃の検査をしたときに、かなりのどが痛くなる位太い、胃カメラを口からいれられて、涙はでるし、げーっと変な吐き気はするし、コワイし、であまりいい思い出のない胃カメラでしたが、胃カメラで胃の中を検査しないと、更にもっと怖いがんになっていたら大変、という事で、意を決して、検査にやってまいりました。最新式だとはきいていましたが、一体どんな何だろう?と不安に思いながら、数年まえの恐ろしい胃カメラのことを考えると憂鬱になって不安になってきてしまいました。しかし、「これが入ります」と見せられた胃カメラは最新式の細型で、「そんな細いものがホントに胃カメラ?」と思う程の細さでした。しかも、麻酔をスプレーしてくれるので、胃カメラが入ってきても、昔のような苦痛はありません。「あれ?入っているの?」という位のかんじです。最新型の胃カメラなので、カメラの形状も細くて小型ながら、性能は抜群で、しっかり胃の中を撮影してくれる上、記録もされているので、あとでパソコンにアップロードしてみたりすることもできます。凄い医学もIT化しているのだなぁ、と感心すると同時にこんなに胃カメラを小さく作ってくれた、技術には大感謝です。

友人が最新式胃カメラで検査をしてきました

ここ最近、背中が痛いと言っていた友人。食欲もだんだんなくなってきて、体重も減り、さすがに周囲からも心配の声があがり、重い腰を上げて近所の内科を受診してきました。通常の検査では、軽度の胃潰瘍のため、念のため、後日精密検査を受けることになりました。胃カメラでの検査ということで、人生初の体験に心底怯えていた友人。近くにいた私にもその緊張がひしひしと伝わってくるほどでした。検査当日、その内科に用意されていたのは、最新式の胃カメラ。今までは口から飲むタイプですよね。口から異物を飲み込むというのは、とてもつらく大変なことです。体験者の方々からは、涙やゲップが止まらないと聞きます。最新式の胃カメラは、とても小さく、しかも華から挿入できるというタイプでした。これなら、と友人も少しは安心した様子で検査に入りました。検査後、ケロっとして戻ってきた友人に話をきくと、検査中は少し涙が出たものの、想像していたほどつらくはなかったということです。鼻には麻酔をしたようでした。検査も半日で終了し、日常に支障をきたすようなこともありません。友人の話を聞いて、私もこの先受けるかもしれない胃カメラ検査に対して、恐怖感が薄れたような気がします。

当院の診察及び予約受け付けは午前9時から午後19時、火曜日は午後14時まで、土日は午後16時までとなっております。 クリニックの主力商品は、胃や大腸の内視鏡検査において世界最高水準の「苦しくない無痛内視鏡検査」ができることです。 胃内視鏡、大腸内視鏡の日帰り手術を行っております。 たまプラーザ南口胃腸内科クリニックの休診日は水曜日と祝日です。 胃カメラでの検査ならたまプラーザ